特集

庄原フードツーリズム

比婆牛・そば・チーズ・ジェラート・地酒etc…
「食材の宝庫 庄原」のイチ押しグルメをチェック!

取材・文/平山友美 

豊かな自然に恵まれ、寒暖の差が大きい庄原は、おいしい食材の宝庫です。県内最大級の農業のまちで、お米や野菜、果物はおいしくて種類も豊富。全国に誇る和牛ブランド「比婆牛」も庄原ならではの食材。
 そんな庄原の食材から、産地ならではのちょっと贅沢で、とびきり美味しいグルメを特集します。庄原でしか味わえない逸品をぜひ一度、お試しあれ。

比婆牛グルメ

遺伝学の概念もなかった江戸時代後期に、計画的な交配で優秀な牛を作ろうと考えた和牛改良の発祥の地が「庄原市」。そこで和牛のルーツといわれるのが「比婆牛」。オレイン酸が多く含まれる良質な脂で、全国最高の評価を受けるなど、口どけの良い舌ざわりで、「美味しい!」と評判です。

庄原そば

県内最大のそばの産地・庄原市。転作田での栽培が盛んで、8月下旬には真っ白なそば畑が広がります。栽培から加工まで一貫してこだわった特色ある「そば」が楽しめます。

チーズ・バター・ジェラート

庄原にある七塚原高原は、広島県の酪農、畜産の振興・発展の礎を築いた場所で、明治33年(1900年)、日本で初めての「国立種牛牧場」が畜産試験研究機関として設立されました。現在においても、庄原市は県内最大の生乳の生産量を誇り、それを原料としたさまざまな乳製品が楽しめます。

庄原の地酒と葡萄酒店

日本酒は水と米が主原料で、成分の80%近くが水です。つまり、おいしいお酒をつくるためには、何よりも良い米と良い水が必要不可欠。庄原市にある4つの酒蔵では、全国に誇るおいしい庄原米を原料に、広島県では珍しい中硬水~硬水仕込みの日本酒が特徴です。

未成年の飲酒は、法律で禁じられています。