庄原DMOとは

庄原DMO組織概要・事業概要・参画団体等

ミッション・ビジョン

▼ ミッション
●稼ぐ観光地域づくりの舵取り役として、マーケテイングに基づく「魅力ある観光プロダクト」を開発・プロモーションし、庄原ブランドを確立する。
●観光消費額(観光事業者等の販売額)を向上させ、地域経済を活性化させる。
●観光交流を切り口に、関係人口や定住人口の拡大につなげ、地域の持続的な発展に寄与する。

▼ ビジョン
●観光交流人口の拡大により地域経済が活性化するとともに、シビックプライド(市民。まちの誇り)が醸成され、庄原ブランドの確立、定住人口の増大による地域の持続的な発展を目指す。

組織概要

DMO(Destination Marketing/Manegement Organization)とは、
観光地(Destination)を活性化させて地域全体を一体的にマネジメントしていく組織です。
庄原DMOは、庄原市の持つ素晴らしい自然や歴史に育まれた豊かな暮らし、美しい里山景観、食、コミュニティなどを後世につないでいくため、民間・行政が一体となって、庄原ブランドの形成に向けた観光地域づくりに戦略的に取り組み、本市における観光関連産業の振興、および観光消費額の向上による地域経済の活性化を促進し、豊かな地域社会の実現を図ることを目的とし、令和2年(2020年)4月に一般社回法人庄原市観光協会を改組し設立しました。

参画団体

庄原市、庄原商工会議所、備北商工会、東城町商工会、株式会社サンヒルズ庄原、株式会社BTM、休暇村帝釈峡、株式会社緑の村、株式会社グリーンウインズさとやま、備北交通株式会社、庄原農業協同組合、広島銀行庄原支店、広島みどり信用金庫、しょうばら花会議、NPO法人西城町観光協会、庄原まちなか観光会議、帝釈峡観光協会、庄原市自治振興区連合会(令和3年6月1日時点・順不同)

法人名 一般社団法人 庄原観光推進機構
設立年月日 令和2年(2020年)4月1日
沿革 令和2年(2020年)4月  
(一社)庄原市観光協会を発展改組し、一般社団法人 庄原観光推進機構を設立。
「日本版DMO候補法人登録」
所在地 〒727-0021
広島県庄原市三日市町4−10 里山の駅 庄原ふらり内
▼中国道庄原IC出口から事務所まで(Googleマップ)
https://goo.gl/maps/MdEoyoCAdSVcgqcT9
代表者 会長 土井 幹雄
営業時間 8:30~17:15
休業日 年末年始
電話 TEL0824-75-0173
FAX FAX0824-75-0172
各種・お問い合わせ https://www.shobara-info.com/dmo/2831
庄原DMO 社員・会員一覧 https://www.shobara-info.com/dmo/2835

事業概要