りんごのお菓子/NOSON(瀬尾商店)

取材・文/平山友美

 この「NOSON」には、庄原生まれのフルーツを原料にした飲むジュレや甘酒、ラスクやかりんとうなどがあります。
 飲むジュレは冷やして、フルーツ甘酒は、冷やしても温めても そのまま飲めるタイプ。ちょっと濃い目のなので牛乳や炭酸で割ると良いですよ。
 お酒類で割ると大人の雰囲気、ワイングラスがオシャレです・・・
ちょっと甘いモノが欲しいな~と思ったときに買い置きしておくと、助かります!

 私が個人的におすすめしたいのは、
          「ラスク」と「あぷこん」です☆

 ラスクは、「どこにでもあるじゃん」と言われるかもしれませんが、ここのはひと味違います。ラスク向きなきめ細かいパンを使っているせいか、硬すぎないし、ラスクらしいサクサク感もあります。高野町産のりんごを使った「りんごラスク」は、オリジナルのりんごの果肉入りバターにりんごの粉末をたっぷり混ぜ込んであるのだそう。後にほんのり、りんごの風味を感じます。「ゆずラスク」は、りんごラスクよりも酸味があって、少し軽めの味わい。
 このラスク、どちらも1枚食べると・・・ 
      もう手が止まりませんでした!
 チャレンジャーの方には、ハバネロラスクが、スリリング!

 もう1つのおすすめ、「あぷこん」は「アップルコンポート」を略したもの。りんごは、もちろん庄原の高野町のりんごです。このコンポート、冷やしておいてヨーグルトなどに添えると、すごく美味しい!
 同じく庄原の「農吉」さんのリコッタチーズで「クレメダンジュ(クレームダンジュ)」を作ったときもこの「あぷこん」との相性抜群でした。クレメダンジュは、フレッシュチーズで作るチーズケーキ。水切りしたヨーグルトでも作ることができます。「あぷこん」のゴロッと大きくカットされたりんごの食感が絶妙です。
 この「あぷこん」を使ったりんごのタルトなんかも美味しそう!色々アレンジが楽しめるのも魅力です。

関連コンテンツ
野菜と楽しむチーズセット/敷信村農吉