自然とやすらぎの里 宿泊研修施設「かさべるで」コラム

比和町 時節・郷土コラム

三河内の棚田遺産の水源とされる福田頭のふもとからコラムをお届け

お食事処「しごんぼ」スポット情報 宿泊「かさべるで」スポット情報

福田頭(毛無山)と木屋原 
(2022年11月4日)

三河内の棚田遺産の水源とされる福田頭
「あづま蔓」の牛像や酒米の「八田錦」の石碑がある木屋原地域は、福田頭を水源とする「元常川」や棚田遺産がある三河内から流れてくる「絞り川」、吾妻山や比婆山を水源とする「比和川」が合流する地域です。
その昔、鉄穴流しの砂が堆積する場所で「加土城」や「樋口城」などがあったとされています。

PDFデータ

福田頭(毛無山)と観音滝
(2022年11月4日)

三河内の棚田遺産の水源とされる福田頭
水源のひとつとして福田頭の「二の滝」あたりから「観音滝」へ水路でつなぎ長谷地区を経て、三河内のカンナ流込田へ水を送る水路があったとされています。
その昔、福田頭は たたら製鉄用木炭材の山「鉄山」とされており、福田地域には「鎔鈩」や「灰原」というたたら製鉄にゆかりのある地域があります。


PDFデータ

福田頭(毛無山)の紅葉と冠雪
(2022年10月28日)

三河内の棚田遺産の水源とされる福田頭
福田頭と連なる井西山の山頂付近に「神籠岩」と呼ばれる岩があり、昔その岩へ、神社があったとされています
神籠岩の西城町側に「鬼のトウス」と呼ばれる岩があり、そのあたりの清流から「犬返り」と呼ばれる岩や「トイダナ」といわれる所を通し、三河内のカンナ流込田へ水を送る水路があったとされています。

PDFデータ

福田頭(毛無山)の雪景色
(2022年10月28日)

三河内の棚田遺産の水源とされる福田頭
福田頭の裾野を通る「市道 小峠線」を北上すると、吾妻山や比婆山が見えてきます
その昔、吾妻山と比婆山の間には、奥出雲とつなぐ千三百年前の古道があったとされています
霊域とされる比婆山から福田頭、そして三河内の棚田遺産までが比和町三河内となっています

PDFデータ

比和の米・塩むすびと十割そば
(2022年10月26日)

比和地域では、たたら製鉄のための、鉄穴流しの跡地を農地に利用した「カンナ流込田」で米やソバをつくっています。
 故郷は宝。郷土愛あふれる地域の若者たちが地域発の農地所有適格法人(株)宝郷を立上げ、米づくりによって地域の農地を守る取り組みを始めています。
 宝郷が作った比和産コシヒカリの「比和の米・塩むすびと十割そば」をぜひご堪能ください。


PDFデータ

比和コテージ
(2022年10月26日)

本日晴れ
棚田遺産の夕日を見て
「比和コテージ」に泊まり星空をながめる

PDFデータ

福田頭(毛無山)とソバの花
(2022年10月17日)

「幻の比和ソバ」
三河内の棚田遺産の水源とされる福田頭のふもとにある「かさべるで」
比和地域では、鉄穴流しの跡地を水田に利用した「カンナ流込田」でソバをつくっています
早期に収穫したソバはもえぎ色で、新ソバの時期が最も鮮やかですが、その年の天候や生育状況などにより毎年同じもえぎ色になるとは限りません
そのため、比和のソバは“幻のソバ”と呼ばれています

PDFデータ

福田頭(毛無山)と稲穂
(2022年10月17日)

「比和の新米」
三河内の棚田遺産の水源とされる福田頭のふもとにある「かさべるで」
比和地域では、鉄穴流しの跡地を水田に利用した「カンナ流込田」で米をつくっています
故郷は宝 郷土愛あふれる地域の若者たちが地域初の農業法人㈱宝郷(ほうきょう)をたちあげ、米作りによって地域の流込田を守る取組を始めています
宝郷が作った米 比和産コシヒカリを是非ご堪能ください

PDFデータ

■食事のお問い合わせ先

かさべるで お食事処「しごんぼ」電話0824-85-2226

■宿泊等の受付・お問い合わせ先

「かさべるで」電話0824-85-2230