チーズ・バター・ジェラート

牧場スイーツのお店 リストーロ

まるでイタリアの友人宅に来たみたい・・・
‘映える’本格ジェラートならここ!

「映える~!」と、思わず言ってしまうくらい、カラフルなジェラートが並ぶのは「リストーロ東城」。自社牧場の牛たちのお乳を原料に、無添加はもちろん、卵も不使用のやさしいジェラートを作られています。

ここにたどり着くまでは、山道が続き、本当にこんなところにジェラートショップがあるのだろうか? と、不安になるかもしれませんが大丈夫。坂道を登り切って、イタリアンカラーの幟が見えたらそこが「リストーロ東城」です。店舗の玄関口に立ってみると、ちょっとオシャレなお友達の家に遊びに来たような気持になります。そして店内に入った瞬間、「わぁ~!」と駆け寄りたくなるような赤いショーケースが目に飛び込んできました。聞けば、店名の「リストーロ(Ristoro)」は、イタリア語で元気の出る飲食店、癒される飲食店の意味だそう。本当に来るだけで元気がもらえるお店ですね。

そしてショーケースをのぞいて、元気はさらに倍増! 

ショーケースは、いわばお店の顔。

ジェラートの本場、イタリアではこのショーケースの見せ方にこだわる職人さんも多いのだとか。


どれも美味しそうで迷います・・・


「おすすめはどれですか?」

と尋ねると、お店の方は

「牧場ミルクですね!」と即答でした。

すぐ傍にある自社牧場「トールファーム」は、県内一の規模を誇る大牧場で300頭もの牛がいるそうです。大規模牧場ならではの飼い方のこだわりがあり、牛にストレスを感じさせないように工夫されています。そこからジェラート用には、さらに厳選された生乳のみを使います。つまり、大量に搾乳された中から選りすぐった生乳だけが原料になるわけです。
だから品質はもちろん、味も安定しています。

常時、15種類くらいのジェラートが並んでいて、季節限定のものもあります。イタリア本場のジェラートにこだわっていらっしゃるのでしょうか。イタリアでは、「ジェラテリア(ジェラート専門店)」と名乗るには、ミルク、ベリー系、チョコレート、そしてピスタチオの4つのフレイバーがそろっていることは必須条件なのだそう。
リストーロは、断トツ人気の「牧場ミルク」、ブルーベリーとラズベリーのソースを混ぜたヨーグルト風味の「ダブルベリー」、最高級ガーナ産のチョコレートを使った「パリチョコ」や「生チョコ」、そして日本のジェラートショップには珍しい「ピスタチオ」がそろっていました。

【牧場ミルクともう1つ、お好きな味を】

このほか、庄原産の野菜を原料にした「かぼちゃ」もいいな、牧場ミルクにオレオクッキーを混ぜた「オレオミルク」も美味しそう、「クリームソーダ」も面白いなぁ…… そうそう、カフェラテ好きな筆者に刺さったのは、イタリアを代表するコーヒー豆「ラバッツア(LAVAZZA)」を使った「カフェラテ」です。こうしてみると、子どもから大人まで、どの世代も食べたくなるようなラインナップですね。

これだけのフレイバーの美味しそうなジェラートを目の前にして、1種類だけというのも酷な話。迷ったあげく、「牧場ミルク」と「苺のミルフィーユ」とのダブルをお願いしました。

ジェラートが決まったら、外のガーデン席へ。
手入れの行き届いた芝生の庭に砂場や遊具、滑り台付きのプールまで! 子どもが裸足で駆け回っても洗い場で足をきれいに洗って消毒できるように整備されています。お天気が良い日は、芝生の上にレジャーシートを広げて、お弁当を食べるのも気持ち良いでしょうね。

原材料の良さ、ラインナップの豊富さ、味や見た目、すべて大事なことですが、「誰と」「どこで」食べるかはもっと大切。

リストーロは、「大好きな人と」「庄原で」という真の美味しさを提供してくれます。店名に込められたコンセプト通り、ここで元気と癒しがもらえる素敵なお店です。

店舗情報

店名 牧場スイーツのお店 リスト―ロ         
住所 広島県庄原市東城町竹森66-5                 
電話番号 08477-2-0069
営業時間 10:00-17:00
(土日祝、お盆のみ営業)
定休日 月~金(冬季は休業)